交通事故

交通事故問題を弁護士に相談するメリットは?

経験豊富な弁護士にお任せください

交渉事を任せて治療に専念できます

大阪市北区の藤本法律事務所では、これまでに数多くの交通事故問題を取り扱ってきた豊富な実績があります。
そうして培った知識・経験をもとに、皆様の交通事故問題をスムーズに解決へと導きます。

交通事故問題では、弁護士が介入するのとしないのとでは示談金に大きな差が生じる場合があります。
それは弁護士に依頼することで、最も高額な示談金の基準である“弁護士(裁判所)基準”を使って交渉できるようになるからです。
交通事故に遭われたら、是非一度当事務所へご相談ください。

弁護士費用特約を使えば実質負担0円

自動車保険や火災保険など、ご加入中の保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、保険会社が費用を負担してくれるので実質負担0円で弁護士のサポートが受けられます。
弁護士費用特約の利用により翌年からの保険料が上がったりはしませんので、ご安心ください。

当事務所へご相談になる前に、一度保険内容をお調べになられて弁護士費用特約がないかご確認いただくことをおすすめします。

こんなことでお悩みの場合には?

保険会社に提示された示談金に納得がいかない

交通事故に遭い、加害者側の保険会社から提示された示談金に納得がいかない場合には、お気軽に当事務所へご相談ください。

弁護士に依頼することで、示談金をアップさせることが可能です。
示談金の3つの基準

交通事故の示談金の基準として次の3つのものがあります。

自賠責保険基準

最低限の補償を目的とした基準で、他の基準よりもかなり低く設定されています。

任意保険基準

各保険会社が独自に定めている基準で、一般的に自賠責保険基準以上であるものの、弁護士(裁判所)基準と比べると低額になります。

弁護士(裁判所)基準

裁判所の判例をもとに設定された基準で、一般的に他の基準よりも高額になります。

弁護士にご依頼いただくことで、この弁護士(裁判所)基準を使って交渉できるようになるため、保険会社からの提示金額よりも高額な示談金を受け取ることが可能になります。

相手側との交渉がわずらわしい

交渉事を任せて治療に専念できます

加害者や保険会社の担当者との交渉は、交通事故で体・心に傷を負った状態で行うのは負担が大きいですので、弁護士にご依頼いただいて代行してもらうことをおすすめします。
弁護士が間に入れば、被害者の方の窓口となって交渉事をお引き受けしますし、交渉のプロである保険会社にもしっかり対応することができるようになります。

交通事故では様々な専門知識が必要

交通事故問題を理想の形で解決するとなると、相応の専門知識が必要になります。
これらをご自身でお調べになられて、きちんと対応するのは困難と言えますので、弁護士の専門知識を活用されることをおすすめします。

またご自身で対応すると、“保険会社の言いなりになってしまう”ということも考えられますが、弁護士がついていればそうした心配もなくなり、安心してご自身の正当な権利が主張できるようになります。

保険会社から「治療打ち切り」と言われた

交通事故で負った怪我・症状の治療を続ける中で、保険会社が“治療の打ち切り(症状固定)”を言ってくる場合があります。
こうした場合、言われるがまま治療を止めるのではなく、通院している病院の主治医とよく相談して、本当に治療を打ち切るべきか、それとも継続するべきか確認するようにしましょう。

症状固定を決めるのは医師の仕事

症状固定(治療を継続しても改善が見込めない状態)の時期を決定するのは、医師の仕事です。
保険会社の担当者から申し出を受けても、それに従う必要はありません。
もし、保険会社から症状固定と言われて対応にお困りでしたら、一度当事務所へご相談ください。

交通事故後、後遺症が残った

きちんと治療を受けて、症状固定となった後も症状が残るような場合には、医師に後遺障害診断書を作成してもらい“後遺障害の認定申請”を行います。
後遺障害の認定には1~14級までの等級があり、等級が1つ違うだけで金額が大きく変わってきますので、事故後の生活のためにも適正な後遺障害等級の認定を目指すことが重要となります。

後遺症がある場合はお早めにご相談を

後遺症があり、後遺障害の認定申請を行う場合には、できるだけお早めに弁護士へご相談ください。
適正な後遺障害等級の認定を受けるためには早い段階からの準備が必要で、通院の仕方や治療の受け方、医師の診断書の内容などが大きく影響しますので、専門知識が豊富な弁護士のアドバイスを受けて適切に対応されることをおすすめします。

弁護士に依頼したいが費用が不安…

弁護士にご依頼いただくにあたって、費用が不安という方は一度ご加入中の保険(自動車保険や火災保険など)をご確認ください。
弁護士費用特約が付帯されていれば、保険会社が弁護士費用を負担してくれるため、実質負担0円でサポートを受けていただくことができます。

一般的に弁護士費用特約の上限は300万円までですが、交通事故問題でこれ以上の費用となることはほとんどありません。

翌年からの保険料xの心配もなし

弁護士費用特約をご利用になられても、翌年から保険料が値上がりすることはありません。
またご本人が加入している保険以外にも、ご家族や他人名義の車に付けられていた保険が利用できる場合もありますので、詳しくは各保険会社の担当者へお問い合わせください。

top

0647095584

お問い合わせ